太るメカニズムについてですが、食事のタイミングによっても変わるの?夜食べる事や、食事の回数が多い人はカラダにどのような影響があるの?

太るメカニズムは食事の回数やタイミング、また夜食べることに影響を受けます。
太るメカニズムは摂取カロリーを消費しきれていないということですので、基本的に食べ過ぎのケースが多いでしょう。

まず、食事の回数にも影響されます。
1日1食しか食べないと体が飢餓状態になり次のタイミングで食物が体に入ってきたときにすべてを吸収しようとする体質になってしまうのです。そうなるとダイエットして少し食べても全て吸収してしまうので太りやすくなります。
回数はせめて2回以上にしましょう。

タイミングですが、出来るだけ朝食はしっかりと摂取し、昼は控えめ、夜は食べないかたんぱく質と食物繊維のみにすると太るメカニズムから抜け出すことが出来ます。

朝はこれから1日活動しようとしているので代謝が非常に高まっていく時間帯です。そのため、好きな物を好きなだけ食べても昼間の活動でエネルギーとして代謝されるため太りにくいのです。

朝食がしっかりしていれば昼はそれほどお腹がすきませんので控えめにできます。

満腹中枢が朝しっかり刺激されていれば、夜は少しでも大丈夫になります。夜食べると肥満に影響があります。
それは、夜は代謝が落ちエネルギーの消費が少ないので夜食べると栄養をため込むからです。

太る メカニズム タイミング

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。