中学生や高校生などの成長期の子供が体重を増やすには何をするのがおすすめ?子供が太れない原因って?

中学生や高校生になると自分の容姿がとても気になりだします。
思春期真っ最中である中学生、高校生は、男子はもっと体を大きくして強く見せたい、女性はメリハリのある女性らしい体型になりたいと思うものです。

思春期の子供が体重を増やすにはまずは筋肉をつけながら体を大きくしていくことが大切です。筋肉は負荷をかけて鍛え、十分に休ませることが有効です。その筋肉をつけるにはタンパク質を多く摂ることです。タンパク質は肉や魚、乳製品、大豆に多く含まれ筋肉や血液を作るうえで必要になる栄養です。

体重を増やすには成長ホルモンの分泌も必要で、良い筋肉を作り骨を太くすることができるからです。成長期の睡眠中には成長ホルモンが多く分泌されます。成長期の子供が体重を増やすには、たくさん食べて、たくさん運動して筋肉をつけ、たくさん寝て成長ホルモンの分泌を促すことが大切です。

中学生や高校生の子供が太れない原因としては、猫背などの体のゆがみや胃下垂、消化酵素が元々少ないなど、食べものの消化がされにくいと栄養素になりにくく、食欲もなくなることがあります。また成長期には心身のバランスを崩しやすく、様々なストレスを受けることが原因ともなります。ストレスは胃腸の働きを低下させてしまうので、食欲不振などを引き起こす原因となるのです。

体重を増やすには 中学生 高校生

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。