太れる食事を食べて太るメカニズムとはどんなもの?太れる食事を取った後の太る仕組みと影響って?

太れる食事を食べて太るメカニズムについて、太れる食事をとった後の太る影響と仕組みとは、一言で言えばインスリンの分泌が大きく関わっています。

インスリンは肥満ホルモンとも呼ばれていますが、食べ物を食べるなどして血糖値が上昇すると分泌される仕組みとなっています。
特に血糖値が上昇するのは、炭水化物や砂糖などの糖分を消化・吸収した場合です。

インスリンの分泌によって糖分は筋肉や肝臓にグリコーゲンとして貯蔵されますが、貯蔵できる量はわずかしかなく、残りは中性脂肪として細胞に貯蔵されます。
これが太るメカニズムです。

糖分や脂質の高い太れる食べ物の方が当然その影響が大きく、インスリンが大量に分泌された結果、中性脂肪もたくさん細胞内に貯蔵されることになります。

さらにもう1つ、インスリンの分泌がもたらす太るメカニズムがあります。
それは、インスリンには、肝臓の脂肪の代謝を妨げる働きがあり、糖分を大量にとってインスリンが分泌された結果、脂肪が燃焼しにくい身体になるという仕組みです。

したがって、太るためには、ただ単に食べ物を大量に食べるだけではなく、糖分を摂取することによる影響を意識して食事を心がける必要があります。

太れる 食事 太る

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。