太るメカニズムについて、糖質や脂質、炭水化物など、何を取り過ぎると太るの?

太るメカニズムは簡単に言えば、食事などの取り過ぎで摂取するカロリーの方が運動などで消費するカロリーをうわまれば太りやすくなります。

米や麺類など炭水化物と言われる糖質は、身体を動かすためのエネルギー源ですが、使われずに余ってしまうと脂肪として身体に蓄えられるので、太る原因になります。

痩せの大食いと言う言葉がありますが、筋肉量が多いと基礎代謝量が高く、眠っていて寝返りをしていても、呼吸をしていても多くのカロリーを消費していることになるので、たくさん食べても太りにくいのです。

脂質は確かに取り過ぎると肥満の原因の一つになりますが、最近では脂質よりもG1値の高い食品が太る原因という事がわかってきました。
G1値の高い食品とは、血糖値を上昇させやすいメカニズムを持つような甘い食べ物で、そのほとんどが糖質なのです。

ちなみにある調査によると、太りやすい食品の1位から5位までは全て炭水化物が占めていて、そのほとんどが甘い食べ物という結果になったそうです。

ですから、太らないようにするためには、脂質の摂取を控えると言うよりも糖質である炭水化物を取り過ぎないようにする事が大切です。
人間の身体のメカニズムを知って上手に食事制限をしましょう。

太る メカニズム 糖質

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。