太るメカニズムとはどのような仕組みなの?摂取カロリーの量によっても太りやすさは変わるの?

人の太るメカニズムがどのような仕組みになっているかというと、摂取カロリーと消費カロリーの量が大きく関係しています。

人は体内で代謝を行うことで、生命エネルギーや活動エネルギーを作り出しています。そしてその代謝をスムーズに行うためには食物からカロリーや様々な栄養素を摂取しなければいけません。

そしてこの摂取カロリーが消費カロリーと同じくらいだったり、少ない場合は体内にエネルギーが蓄積されないため、痩せ体質になります。
しかし、摂取カロリーの量が消費カロリーよりも多いと体内に消費しきれなかった栄養分が蓄積され、太るのです。これが太るメカニズムの仕組みです。

そして代謝は加齢と共に低下します。すると摂取カロリーが増えたわけではないのに消費しきれなくなるため、歳を重ねると太りやすくなってしまうのです。

このように人が太るメカニズムの仕組みには摂取カロリーの量が大きく関係しています。
そのため、太りたいのであれば、消費エネルギーよりも高カロリーを摂れば太りやすくなりますし、逆に痩せたいのであれば高カロリーの食事を控えて運動などにより消費カロリーを高めると効果的なのです。

また、筋肉量を増やすと代謝もアップするので太りにくい体質になります。

太る メカニズム 仕組み

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。