食欲が減退してしまう理由は何?食欲減退の治し方として薬を飲むとしたらどのような薬がおすすめ?

食欲が減退してしまうには実に様々な理由があり、その原因によっても治し方が違います。
減退の原因となる代表的なものには、大きく分けて、生活習慣が関係しているものと病気が関係しているものの2種類があります。

生活習慣が関係している場合は、日常的なストレスや、睡眠不足、運動不足などの生活習慣の乱れ、妊娠、加齢、アルコールの過剰摂取による肝機能低下、夏バテなどの軽い不調などが食欲減退を起こす理由となっています。

また、病気が関係しているものでは、風邪やインフルエンザ、うつ病などの精神疾患、亜鉛欠乏症、慢性副腎皮質機能低下症、神経性食欲不振症、甲状腺機能低下症、胃がん、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎などが挙げられます。

食欲減退の治し方には、薬を服用する方法があります。一般的な薬として、おすすめなのが、胃腸薬です。胃腸薬には、消化機能を助ける作用がある上、ドラッグストアなどで手軽に購入できます。

病院で処方されるものとしておすすめなのは、ペリアクチンです。ペリアクチンには、食欲を増加させる効果があるため、こうした場合に処方されることもあります。

ですが、生活習慣の乱れなど、多くの理由が積み重なって症状が出ているケースなどもありますので、自己判断の治し方ではなく、一度、病院を受診されることをおすすめします。

食欲 減退 理由

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。