子供や赤ちゃんが細すぎの原因にはどのようなものがあるの?その対処法って?

子供や赤ちゃんが細すぎる原因や対処法にはどのようなものがあるでしょうか。子供や赤ちゃんの成長の目安になるものに成長曲線があります。
母子手帳などのグラフに身長と体重を照らし合わせて簡易的に判断が可能になっています。

成長曲線を下回り、細すぎると判断されても子供が元気でよく遊び、初期が細くても食べられている場合は問題ないことがほとんどです。ただし、元気がない、いつも下痢をしているなどの症状がみられる場合は原因を突き止め、対処をする必要があります。

赤ちゃんが細すぎる原因で多いのが乳糖不耐症というものです。特徴として、元気で機嫌がよいにもかかわらず下痢が続き、体重が増えません。これはミルクや母乳に含まれる乳糖を消化する酵素ラクターゼが不足することから起きる体質です。

一時的なものもありますが、先天的である場合には乳製品を控えるなどの対処が必要になります。
母乳を停止し、ノンラクトミルクなどに変える必要がある場合もあります。
症状が軽い場合は見過ごされていることもあるので、痩せすぎの子供である場合は一度確認してみるとよいでしょう。

他に考えられるもののなかには心因的なものである場合もあるので、注意深く観察し、必要であれば専門医の診察を受けてみましょう。

細すぎ 原因 子供

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。