よく食べるのに太らない場合、病院に行って診てもらうべき?太れない悩みの場合、病院の何科に行くのが良いの?

ビックリするくらいたくさん食べるのに太らないと聞くと、多くの医師は甲状腺機能亢進症を思い浮かべるでしょう。
甲状腺機能亢進症は、別名バセドウ氏病とも言われています。

この病気になると、新陳代謝が異常に亢進してしまいます。
そのため、良く食べるのに太らない、異常なほど汗を掻く、下痢をする、脈拍が早い、のどのあたりが腫れている、などの症状が出ます。

良く食べるのに太らないという悩みがある人は、このような症状がないかチェックしてみましょう。
この病気は、男性よりも圧倒的に女性に多いことが特徴です。

では、病院の何科に行けばよいのでしょうか?
一番いいのは、内分泌内科です。病院では、良く食べるのに太らないという悩みがあるということや、バセドウ氏病が心配だということを伝えれば、適切な検査をしてもらえるでしょう。

かかりつけ医でも、バセドウ氏病が心配だといえば、何科が専門の医師であってもこの病気のことは知っているはずです。内科系であれば何科の医師であっても、まず大丈夫でしょう。

採血をしてTSHやT3、T4という項目を検査をすれば、甲状腺機能が亢進していないか調べることができます。この検査は、大きな病院でなくてもクリニックや診療所でも可能です。
検査を受けて悩みを解決しましょう。

太らない 病院 良く食べる

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。