胃下垂になると太らないと言われるのはなぜ?胃下垂になってしまう原因と改善方法って?

胃下垂の人がなぜ太らないのか、その原因と改善方法について説明します。

そもそも胃下垂とは、その字の通り、通常の位置よりも胃が下に垂れ下がっていることを言います。
ではなぜ胃下垂になるのか、その原因は、やせ過ぎによって起こる腸の壁部分の脂肪が足りないこと、筋肉の収縮など、様々な要因で起こると考えられています。

胃下垂は、胃を支える筋肉や脂肪の少ない痩せ型で長身の人がなりやすいと言われています。ストレスによる暴飲暴食、過労、疲労、不安などで消化が悪くなり、消化しなかった食べ物が胃に溜まりすぎてしまったりすると、発症することがあります。
太っていて急に痩せた場合などにも起こり得ます。

胃下垂の人は食べても太らないと言われています。
なぜ太らないのかはその症状にあります。少しの食事量で満腹感を得られること、食後のムカつきや食欲不振、吐き気などがありますので、太らない原因としてあげられるのです。

無理に改善する必要はありませんが、ひどい場合は冷え性になったり、不妊や尿がでにくくなる場合もあります。
また、からだの重心が下腹部が出やすいことによって崩れ、猫背など姿勢が悪くなる場合があるので注意が必要です。

改善したいと思ったら、まず手軽に出来ることとして、筋肉をつけ、適度な脂肪をつけることで改善される場合があります。

太らない 胃下垂 なぜ

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。