食べても太らない原因って何なの?食べても太れない人のメカニズムって?

食べても太らないという人は、消化吸収の機能が弱いという原因や、代謝が良いという原因があります。
こういったメカニズムなのですが、多くの場合は消化吸収の個人差が原因でしょう。燃費が悪いという言い方をされる場合が多いのですが、これは生まれつきの体質によります。食べても太らないという人もいれば、たいして食べてもいないのに太るという人もいます。

脂肪の蓄積は体質が大きいのですが、筋肉によって肥大化することは可能です。
筋肉の付きやすさも個人差がありますが、脂肪を付けることよりも実は簡単なのです。太りやすい人は脂肪を付ける方が簡単なのですが、太れない人の場合は筋肉を付ける方が簡単ということになります。

なので、筋肥大のメカニズムを利用します。摂取カロリーは引き続き多い状態をキープし、なるべく負荷の大きい筋トレを行うことによって、太れないという問題が解決します。太らないのであれば、筋肉を付ければ良いのです。

脂肪を付けるよりも筋肉を付けた方が、代謝が良くなり、血流も高まるというメカニズムが働くので、体にとってもメリットがあります。
太れないということを気にするのではなく、筋肥大を目指すのが健康には良いということです。

太らない 原因 食べても

健康的に太るにはコレがおすすめ!管理人のイチ押し商品を知りたい方は、こちらへどうぞ!

管理人のイチ押し商品
太りたい 女性 顔

関連記事

コメントは受け付けていません。