太れる薬は病院の何科で処方してもらえるの?どのような薬を処方してもらえるの?

太れる薬は病院の何科で処方して貰えるかと言えば、胃腸科や消化器内科が該当します。

但しより正確に言えば、飲むだけで体重が増加する薬が処方される訳ではありません。
そこまで劇的且つ直接的な体重増加効果を齎すものは、そもそも存在しないからです。

実際のところ処方されているのは、便秘や下痢の改善・腸内環境の改善といった、体内での太れるメカニズムに繋がる機能の改善を図る薬となります。栄養吸収を高めて体に備蓄される機能を自然に利用する事から、自然な体重増加が望めます。

一方、太れない原因としては消化器系の問題以外にも、歯の噛み合わせ等に拠る栄養吸収の不良も考えられます。
そうした自覚症状がある場合に病院の何科に行けば良いかとなると、当然ながら歯科となります。
こちらの場合には薬の処方では無く、矯正や欠損歯の治療によって体質改善を図り、太れる体を構築して行く事となります。

更に痩せ過ぎレベルにまで至る原因としては、性格や精神的な要素・精神疾患も考えられます。この場合に病院の何科に行けば良いかとなると、心療内科や精神科となります。
落ち着きを与えたり、自律神経・ホルモンバランスを整える事に繋がる薬が処方される事があり、太れる体の土台作りをして行く事となります。

太れる 薬 病院

コメントは受け付けていません。